2歳4ヶ月で幼稚園に通い始めた息子のウレシハズカシ幼稚園生活( ̄∀ ̄*)


by tarokaka

あしにょきにょき

金曜日になると、母(ばぁば)手製の絵本バッグに、2冊の絵本を幼稚園から借りてくる息子。

で、最近隔週くらいで連続で借りてきているお気に入りの一冊がこちら。

e0121767_22514486.jpg


おおきなソラマメを食べたおじさんの足がにょきにょきのびてしまう・・・という、あり得ないお話なのですが、息子はこの絵本の中で、おじさんの足が道路に沿って、乗用車やトラックをなぎ倒しながらにょきにょきのびていく場面が好きなようです。

絵本を読むと、必ず「もう一回!」とねだられます。
えーまたかいなーと思いながらも二回までは丁寧に一緒に読む努力をする母ですが、それ以降は眠いやらめんどくさいやらで、最近はこんな手を。

「じゃあ今度は太郎がお母さんに読んで!」

そうすると、「いいよー!」なんて言いながら、覚えている内容を適当につなげて絵本を読んでくれる息子。息子の、つじつまがあってるんだかあってないんだかよくわからない筋を子守唄に、母がいつのまにか・・・・(@ ̄ρ ̄@)zzzz

ってそれじゃ逆ジャン!(笑)

えー話を戻しまして。

息子のお気に入りの絵本は、やはりまだ話が単純なもの、字があまり多くないもの、車や電車などが出てくるものが多いようです。

そして母の現在のお気に入りの絵本がこちら。
確か、幼稚園のお誕生日会の時にいただいた一冊です。

e0121767_2332128.jpg


子供よりむしろ、大人の方が感じるところが多い内容かもしれません。
息子にこの絵本を読んでいると、半分も読まないうちに、もうあきてどこかへいってしまうため、最後は母が一人で涙をこらえながら読むことになる一冊です。

もう少ししたら、一緒に内容をかみ締めながら読むことができるのかな・・・。
[PR]
by tarokaka | 2008-02-20 23:11 | 家での一こま