2歳4ヶ月で幼稚園に通い始めた息子のウレシハズカシ幼稚園生活( ̄∀ ̄*)


by tarokaka

カテゴリ:幼稚園の行事( 14 )

春休み&新学期

一昨日は幼稚園の新学期。
そして昨日は入園式。

今年もたくさんの新しいお友達が入園しました(*^^)

雪国の桜も、ようやく咲き始め、風はまだちょっと寒いけれど、日差しはだいぶ暖かくなってきた今日この頃。

息子もめでたく進級(?)し、つくし組(2歳児組)→たんぽぽ組(3歳児組)へ。
名札の色も変わり、「ナニ組みさんになったの?」の母の問いかけにも恥ずかしそうに「たんぽぽぐみ・・・」と答えられるようになった息子。
1年は本当に早いものです。
入園式でかわいらしい新つくし組さんのお友達を見ると、「去年はあんなんだったかなぁ・・・...( = =) トオイメ」と、しばし感慨にふける母でありました。

で、今の息子はというと、「なんで」期に突入した模様。
ことあるごとに「なんで~なの?」と聞いてくるようになりました。
子供の質問って純粋で裏なんかもちろんないので、非常にストレート。それゆえに、「ん・・・なんでなんだっけ??」と、母も返答にしばし考えを要するときもあります。
でも、そのたびに、日常のあらゆるることを再度見直して考えるような部分もあり、去年幼稚園のママさんからいただいたクリスマスカードにあった言葉「育児は育自」という言葉をしみじみ思い出すのでした。

さて、話は少々戻りまして、太郎家の春休みはといえば・・・

実は息子を2週間のホームステイ?に出しました。
行き先は東京の母実家。
いろんな事情があって、今回2週間もの長期間の親子離れ離れの生活となったわけですが、いろいんなことに気づかされた2週間でもありました。

その2週間のできごとはおいおい書こうと思います(*^^)

この話をすると、「3歳なのにお母さんと離れられるなんてすごいね~!」と言われたり、「自立してるね~」と言われたりすることが多いのですが、我が家の場合、いろいろな条件が重なって、東京実家も彼にとってはそう悪くない環境、というのが一番の理由かもしれません。

条件1 じぃじ、ばぁばがいつも相手をしてくれる
     (息子がせがめば、何回でも何十回でもトーマスの本を読んでくれるじぃじ<(_ _)>)

条件2 東京に行けば、大好きなトーマスランドや動物園にいける。電車がたくさん見れる。
     (そのように母が刷り込んでいる節もあり)

条件3 もともと、けっこう行き来がある家族なので、息子も違和感なく東京の生活に馴染める

条件4 東京にも通いなれた教会があり、そこで顔なじみのいろんな方にちやほや相手をしてもらえる

条件5 朝晩しつこいくらいに 母から電話が来る
     (もうきっていい?とよく言われていた母・・・)

条件6 さみしいときはばぁばのおっ○いでも代用可

と、こんな感じでしょうか。
ただし、やはり夜はさみしくなるらしく、ばぁば曰く「見ていてかわいそうで・・・」というシーンもあったようです。

いずれにしろ、2週間はちょっと長すぎた・・・・と感じた母。
久しぶりに見る息子のにんまり笑顔と小さくてあたたかい手の感触に、迎えにきてくれたじぃじの車の中でしばらく涙がとまらなかった母でした。

・・・そして、おそらく実家もその思いなのか、「次は夏休みだね!」とにっこり笑って手をふっていたばぁばとじぃじ。
本当にお世話になりました&ありがとうございました<(_ _)>

どうぞ夏までしっかり休養をとり、来るべきその日に備えてください!(オイ
[PR]
by tarokaka | 2008-04-13 16:15 | 幼稚園の行事

お別れ会

雪国も、日中は暖かさの感じられる日もあり、少しずつではありますが春の気配が漂ってくる3月も半ば。
この時期のメインイベントといえば、やはり「卒業」ですよね。

息子の通う幼稚園でも、先日お母さんたちが主催で行う親子の「お別れ会」があり、今週土曜日はいよいよ卒園式。
息子が卒業するわけでは当然ないのですが、なんだかホロリときてしまいそうな予感・・・。

さて、お母さんたち主催のお別れ会ですが、びっくりしたのはお母さんたちのお料理の腕前!
みんなで手作りの料理を持ち寄り、バイキング形式でランチをしながらのお別れ会だったのですが、メロンパンにクロワッサン、おすし、おそば、おいなりさん、スープにシチューに、ケーキにクッキーにシュークリームに白玉だんごにババロアに・・・本当にたくさんのお料理が並びました!
最近料理らしい料理もしなくなってしまった母としては、わが身を反省しつつも、うわーすごーい、おいしーい!と、みなさんが作ってくださった料理を、息子とおいしくいただきました。(*^^*)

そして、ご飯の後にはお母さんと先生方の出し物。
卒園するはと組みさんたちへのいろいろなメッセージをこめて、お母さんたちはペイプサート(紙の人形劇)と歌のプレゼント。ぶっつけ本番とは思えないみなさんの息のあったお芝居に、子供たちも大盛り上がり!
そして、昔懐かしいドリフターズのひげダンスを先生方がコミカルに演じれば、母親世代も大盛り上がり!
最後は園長先生の手品で子供たちも大喜びでした(*^^)

いつもながら、一つ一つ手作りの、あたたかい空間。
あたたかいお別れ会でした。

はと組のみんなが卒園してしまうのはとてもさみしいけれど、きっとこの幼稚園で育んだものを、それぞれの子供たちが、今度は違う場所で、思う存分発揮して毎日を過ごすことができるんだろうな、と、そんなことを感じたお別れ会でした。

はと組のみなさん、本当におめでとうございます!(まだちょっと早いけど・・・)
そして、いつか息子もはと組のみんなみたいに立派になれるといいなぁ・・・。
[PR]
by tarokaka | 2008-03-13 21:28 | 幼稚園の行事

ハイチュ~~!!

先週の水曜日のこと。
「おうちのひとといっしょ」という幼稚園の行事がありました。

息子が通っている幼稚園では、年に何回か、毎月の恒例行事のお誕生日会・親子礼拝とは別に、子供と一緒に工作をしたり、ゲームをしたり、ご飯を食べたりして過ごす保育参観のような日があります。

ここのところなかなか幼稚園の行事に参加できなかった太郎母と太郎父。
今日は仕事も休みをとって、3人で幼稚園に行こうね!と息子に約束していました。
・・・といいつつ、ちょっと遅刻してしまった母(・・;)

幼稚園に急いでかけこむと、はじまりのお祈りの最中でした。
玄関からお教室をのぞくと、お祈りしている息子の後ろに、夫の姿。
そしてお祈りが終わり、扉を開けて中に入ると、私に気づいた息子が「かっか~!」と、にかっと笑いかけてくれました。(*^^)

と、そこまではよかったのですが。。。
なにを思ったか、私の顔を見た息子は、こう一言。

「かっか、ハイチュウは?」

・・・へ?ハイチュウ?
確かに息子は大のハイチュウ好き。
スーパーの片隅にある、100円を入れるとジャンケンしてハイチュウがもらえる機械があるのですが、それが大好き。そしてもちろん、甘~いあのハイチュウそれ自体も大好き。

「ハイチュウ食べていい?かっか?」

執拗にハイチュウをねだってくる息子。
ここは幼稚園だよ~ハイチュウは3時のおやつでしょ~と言っても、一向にガンとして引かない様子。
しまいにはダダコネ坊主と化し、みんなの前で「ハイチュウ~~~ハイチュウ~~~!!」と寝転がりはじめる始末・・・。

うへ~やめてくれ~~なんで今ハイチュウなんだよぉーーう(≧д≦)

他のお母さんたちが「今日の太郎くんはいつもとちがって甘ったれさんだね~」なんてフォローしてくれましたが、母は恥ずかしいやら情けないやらで一気にテンションダウン。
まーでも、日ごろ何かと飴だのおかしだのをおやつ時間外にあげたりしてしまっているからこうもなるんだろうなぁ・・・と、我が身を振り返り反省する母でした・・・。

さて、そんなダダコネ坊主と化した息子をなだめすかしながら、年長さんたちのすばらしいピア二カの合奏を聞き、さらに年長さん・年中さんたちがみんなでセリフ・配役・ストーリーを考えた
という劇を鑑賞。
この劇がすばらしかった!
なにより、すべてを子供たちで考え作り上げたということろがスバラシイなぁ・・・と、母はちょっと感動しました!

・・・で、「ハイチュウ~!」とのたうちまわるダダコネ坊主を横目に、この子もあと何年かしたら、あんな風に立派に劇とかできるのかしら・・・とため息をついてみたりして。

さて、年長さん、年中さんの出し物が終わったあとは、親子でクイズに答えたり、粘土で工作をしたりしました。
粘土なんて触るのは久しぶりの母と父。まったく作品を作る気のない息子を尻目に、それぞれ好き勝手なものを作っては、ボンドではりつけていきます。で、できあがったのがこちら・・・。

e0121767_20291636.jpg


雪ダルマと、新幹線(ドクターイエロー)と、なぜかあひるの顔?と思ったら、どうやらドクターイエローの顔らしい物体・・・。(もちろん夫作)
なんの統一性もない写真立てができました(苦笑)
ま、けっこう楽しかったしいっか!
ちなみに真ん中にあるのは当日先生がとってくださった親子写真。
3人の写真なんて数えるほどしかないので、貴重な作品になりました(*^^)

さて、一通り親子で遊んだ後は、お弁当タイム。
3人でひとつのお弁当をつっつきながら、「かっかのつくってくれたお弁当おいしーね!」と無理やり言わせながら楽しい昼食の時間を過ごすことができました(*^^)

で、13:00までには職場に帰らなければならない母。
夫を残し、息子に気づかれないようにそっと帰ろうとしたものの、玄関でバッチリ目があってしまい、泣き喚く息子の声に後ろ髪引かれながら仕事場へ戻ったのでした。

今の我が家の生活スタイルは、夫と私の仕事の休みがあわないので、日中3人で出かけることもとても少ない生活。
そんな私たちにとって、この幼稚園でのひと時は、とても貴重な時間となりました(*^^)
そして、3人で過ごす時間の大事さ、かけがえのなさのようなものを、ひしひしと感じた時間でもありました。
[PR]
by tarokaka | 2008-02-18 20:13 | 幼稚園の行事

ダイジナコト

今日は、幼稚園の創立記念礼拝(なんと幼稚園は今年で98歳!)と、10・11・12月生まれのお友達の誕生日礼拝、誕生日会に参加してきました(*^^)

朝、息子を園に送りにいった後、そのまま園で「母の会」(保護者会のような会)に参加し、その後、2階の礼拝堂で礼拝。
はと組さんのお友達が白いキャソックを着て、サーバーや献金係をやったりする姿がとてもかわいらしく、頼もしかったデス(*^^)
子供たちの歌声やお祈りの声が礼拝堂いっぱいに響き渡り、忙しい毎日が続いていた母は、なんだか心洗われるような気持ちに。
子供のもつパワーってすごいなぁ、と改めて感じました。

そして、誕生日月のお友達は一人ずつ前で園長先生(園長先生は、司祭でもあります)から祝福を受け、プレゼントをもらいます。
わが息子も今日はその一人。


園長先生「○○くん、おめでとうございます」

○○くん「ありがとうございます!」

園長先生「たろうくん、おめでとうございます」

息子「・・・おめでとうございます!


・・・と、とりあえず何か言わないといけないと思ったんだね(苦笑)
そんな和やかな雰囲気の礼拝の後は、お教室での誕生日会。

先生の手作りの大きなケーキにろうそくをたてて、ハッピバースデーを歌った後、お誕生日月のお友達みんなでいっせいにろうそくを吹き消します。
そしてお友達にみんなで質問タイム。これがけっこう盛り上がるのデス。
さらにはお母さんたちによる劇などもあり、子供たちの楽しそうな笑い声にあふれた誕生日会でした。

・・・ちなみに、質問タイムで、「大きくなったらなんになりたいの?たろうくん?」と聞かれた息子の答えは。

「えーっとねぇ・・・しゃちょう!


・・・しゃちょうってナンダヨ(爆)
とうてい意味がわかっているとは思えない気がするものの、あまりの爆弾発言に笑いを通り越して涙まで流してしまった母でした・・・。

息子が入園してから、私は日中は仕事をしていることが多いので、なかなかこういったイベントには参加できないのですが、今日は参加して本当によかったな~というのが正直な感想でした。
毎日時間に追われ、生活に追われ、ともすれば殺伐とした日々になりかねない中で、今日子供たちと一緒にすごした時間は、なにが一番大事なことなのかを思い起こさせてくれた時間だったような気がします(*^^)
[PR]
by tarokaka | 2007-11-02 13:19 | 幼稚園の行事

Trick or treat!!

e0121767_2243155.jpg


いってきました、みてきました!子供たちのハロウィン仮装行列( ̄∀ ̄*)
なんともまぁかわいらしいこと(*´ェ`*)
子供たちは手作りの色とりどりの衣装を身にまとい、先生たちもかわいい耳やお面を付けておめかし。
なんとも不思議な空間でしたが、商店街を歩く一般の人達も振り返り、微笑んで見守ります。

幼稚園から出発し、往復で小1時間は歩いたのではないでしょうか。
みんな、本当によく歩きます。2歳の子供たちもがんばりました!

いくつのかのチェックポイントで「Trick or treat!!」と子供たちが言うと、待っていた
お母さんたちが、イタズラされてはかなわん!と(笑)おかしを渡します。
上手にお礼も言える、かわいらしい魔女やお化けさんたちでした(゜ー゜)

息子は、先生に手をひかれて最後尾をヨチヨチ歩いていたのですが、どうやらこの行列のイミがあまり理解できていないらしく、なんだかポカン顔。

でもそんなのかんけーねー!

かわいいからOK牧場!

・・・ということで、ビデオを構えて追っかけをした母。
こういう行事って子供たちと同じくらい(それ以上に?笑)、親が楽しむための行事でもあるのかもしれません(苦笑)

そして最後までお菓子の袋をしっかり握ってはなさなかった息子。
先生が何度も「持ってあげるよ?」と声をかけてくれたのに、「自分で!」と最後まで持って歩いたようです。。。頑固なところはダレに似たんだか ε= (´∞` ) ハァー

ちなみに・・・gura_ssさんのコメントを読んでそういえば私もハロウィンについてなんも知らないな~と反省し、少し調べてみると。

◆ハロウィン
ハロウィーン (Halloween) は、カトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩(10月31日)に行われる、英語圏の伝統行事。諸聖人の日の旧称"All Hallows"のeve(前夜祭)であることから、Halloweenと呼ばれるようになった。

ケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものとされている。ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり、精霊や魔女が出てくると信じられていた。これらから身を守る為に仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。

家族の墓地にお参りし、そこで蝋燭をつけるという地方もある。墓地全体が、大きなランタンのように明々と輝く。日本のお盆の迎え火、送り火にも似ているかもしれない。ただ、これに合わせて欧米では、放火事件などが頻発する。

これに因み、31日の夜、蕪をくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」(お化け蕪)を作り、魔女やお化けに仮装した子供達が「トリック・オア・トリート(Trick or treat. お菓子をくれなきゃ、いたずらするぞ)」と唱えて近くの家を1軒ずつ訪ねる。家庭では、蕪の菓子を作り、子供達は貰ったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)


ということでした。
つまりは日本のお盆のようなものらしい。
かぼちゃはさしずめ、ナスやきゅうりの馬ようなものなのか?
宗教や文化は違えど、人間の慣習って本質はそう変わらないものなのかもしれませんね。
[PR]
by tarokaka | 2007-10-30 22:24 | 幼稚園の行事

明日はハロウィン!

さてさて。
先週より私の新しい仕事がはじまり、なんだかバタバタと毎日がすぎております。

で、気がつけば明日はハロウィンじゃあーりませんか!
息子にも夕飯時に「明日はなんの日?」と聞くと、「はろいん!」という答えが返ってきました。
・・・ただ、なにをするかはいまいち理解していない模様・・・。

息子が通っている幼稚園では、ハロウィンには、仮装をした園児たちが街中を歩いてお菓子をもらうというイベントがあるそうです。
明日は午前中仕事はないので、ちょっと見に行こうかな・・・と思っている母。
ワタシも初めて見るイベントなのでちょっと楽しみです( ̄∀ ̄*)
カメラ忘れないようにしなくちゃ・・・。
[PR]
by tarokaka | 2007-10-29 22:02 | 幼稚園の行事

運動会の余韻

e0121767_10262481.jpg

お久しぶりでございます(*^^*)
しばし実家に帰省しておりました関係で、更新が遅くなってしまいました。

さてさてさて。
10月14日に行われた幼稚園の運動会。
実は私自身としては4回目の参加。
というのも、以前から音楽係としてお手伝いさせていたたいた経緯がございまして、息子がお腹の中にいるときから、実は聖愛幼稚園の運動会に毎年参加させていただいておりました。

しかしながら。
今年はやはり一味も二味もチガウ。
なんたって息子が走ったり踊ったりする姿が見られるワケです( ̄∀ ̄*)
東京からこの日のためにかけつけたばぁばと一緒に朝からお弁当を作り。
夫も宣言どおり休みをとることもできて、夫の両親も見に来てくれることに。
家族で万全の体制。
そしてなんともステキな秋晴れ!
文句なしのシチュエーションに、いやでもテンションはあがります。

まずは子供たちの入場、みんなでお歌を歌って、はと組さんたちがお祈りと開会宣言をします。
ファンファーレの音で運動会の開始。

かけっこ、玉入れ、綱ひきなど、オーソドックスな競技に加え、子供たちのかわいらしいダンス、親子での競技はもちろんのこと、未就園児のお友だちの競技、小学生のお兄ちゃんおねえちゃんたちの競技、そして大人のみの競技と、聖愛幼稚園の運動会はまさに「全員参加型」。
なかでも結構「ミモノ」なのは、大人のリレー。
小さなグラウンドを転びそうになりなら一生懸命走るお父さんたちの姿は、観ているこちらもかなりエキサイトします(゜ー゜)

正直言うと、私自身こういう競技に参加するのはあまり好きではない方なのですが、今回は音楽係にもかかわらず、人数が足りないなら出ようかしら・・・なんて思ってしまうような、そんな雰囲気が、この運動会にはありました。

そして毎年感心させられるのは、はと組さん、ひよこ組さんたちの組体操!
先生のピッ!という笛の音で、扇形やピラミットや、いろんな形が次々と作られていきます。
ここの幼稚園の組体操はちょっと変わっていて、みんながみんなそれぞれの役割を担います。
3人で作るピラミットは、みんなが土台をやり、みんなが上になる。だから3回、同じピラミットをつくります。
観ていたお父さん、お母さんからも拍手とどよめきの声。
息子も何年かしたらこんな勇姿が見られるのかな・・・と、近いような遠いような未来にしばし思いをはせる母・・・。

そして、競技のしめくくりは、みんな参加のりんごひろいです(*^^)
毎年恒例なのですが、ちいさなお友達から、お父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、運動会のお手伝いをしてくださった教会のみなさんも参加して、みんなでりんごを1つずつ拾います。

お昼をはさんで、午後1時頃まで行われたたくさんの競技。
振り返ってみるとあっという間の時間でした。
母としての私個人としては、やはりリレーが最高にかわいらしかった!
園児の中でも小さな子供たちは、まるでマラソンのように、1人1周、バトンをつないで園庭を走るのですが、みんな観客を意識しながら、にこにこと実に楽しそうに、得意気に走ります。
勝ち負けではない、いまこの瞬間が楽しいんだ!ということを、体いっぱいで表現しているこどもたちは、本当に生き生きしていました。

で、運動会が終わり、息子が今はまっていることは、組体操ごっこ。
2歳児にしては大きな体をしているわけですが、彼がやりたいのはピラミットの上で両手をいっぱいのばしてポージングする役。
そして土台をやらされるじぃじや私・・・。
しかしならが、はと組さんたちにあこがれている息子の姿に、なんだか頼もしい思いもするのでした(*^^)
[PR]
by tarokaka | 2007-10-25 10:27 | 幼稚園の行事
e0121767_2255254.jpg


今日は自由登園の日(*^^)
同時に、ナーサリールームという未就園児クラスが行われる日でした。
特に親が参加する日ではなかったのですが、2時間半でお迎えにいくのもメンドウだなぁ・・・などと思った母は、久しぶりに息子の様子も見たかったこともあり、一緒に参加させていただくことに。

10時頃になると、ぞくぞくと小さなお友達がやってきました!
今日は土曜日ということもあってか、10名以上のお友達とママさんに加え、パパさんの姿もちらほら。とてもにぎやかな雰囲気です。

小さなお友達と園児が一緒になって、園庭で思い思いの遊具で遊んだり、先生たちが用意してくださったゲームコーナーや工作コーナーで遊びます。

今日は、お外にはひっつき虫(『バカ』とも言うらしい・・)を使った的あてゲームのコーナーがありました。みんな上手に的にあてていて、とても楽しそう。
e0121767_22132613.jpg
e0121767_22134185.jpg


屋内では思い思いのバスの工作。ひもをつけて、ペットのように連れて歩きます。
いつも先生たちのアイディアには感服!
e0121767_2216258.jpg
e0121767_2225472.jpg


我が息子も、このバスに夢中・・・。
得意げにお気に入りの自作のバスをひっぱり、園内をかけまわっていました(^-^;
最初にちょっと外遊びをした以外は、ほとんどバスで遊んでいたのではないかな・・・。
とにかく気に入ると、ひたすら没頭するマイペースな息子の一面がよくわかります(笑)

最後は、みんなでお集まりの時間。
お祈りをした後、先生が絵本を読んでくれたり、お人形劇のようなものを見せてくれました。
e0121767_2315328.jpg


私も、ひさしぶりに顔なじみのママさんや小さなお友達に会えて、とても楽しい時間をすごすことができました。(*^^)
来年度も、たくさんのお友達が増えるといいな。
[PR]
by tarokaka | 2007-09-29 22:22 | 幼稚園の行事

バザー

今日は夏休み明けの最初のイベント、幼稚園のバザーがありました(*^^*)
聖愛幼稚園のバザーは、教会と幼稚園が協力してバザーを行います。
主には幼稚園のお母さんたちを中心に、先週も何度か集まりがあり、値付けなどの準備を行いました。
私は仕事の都合もあり、なかなか準備に参加できず、ちょっと申し訳なく思いながら当日を迎えました。。。

そして台風一過、お天気もバッチリ!の今日、喫茶コーナーや子供コーナー、雑貨・生活品、衣類、手作りのケーキやクッキーに新鮮なお野菜など、たくさんの商品が園庭や園舎内にところ狭しと並び、13:00に開店。
価格はどれもこれも安い!
そしていいものは瞬く間になくなっていきます。。。
今回は手作りおかし関係がすごく充実していたような気がします(*^^*)
パウンドケーキやチョコレートケーキ、クッキー、ジャム、マフィン、メロンパン、惣菜パンなど、料理のできない母は(・0・。) ほほーっと、感心するばかり。
味もとってもおいしかったです!

息子には今回、300円のお小遣いをあげたところ、その内訳は・・・

・チョコケーキ(100円)
・クッキー(30円)
・飴の首飾り(100円)

って全部食べ物だし!
他にも、遊びにきてくれたじーちゃんばーちゃんにメロンパンをかってもらったり、ぬいぐるみなどを買ってもらったり。。。
いったいお菓子をどれだけ食べたのだろうか・・・。

対して母はなんだかバタバタしており、ほとんど購入できず・・・
が、真っ先に購入したものは、ナスカのコンサートチケットでした!

ナスカとは、会津出身の2人のミュージシャンから成るユニット。
昨年のクリスマスに教会で行われたミニコンサートの迫力に、圧倒されました。
HPで試聴できるので、ご興味のある方はどうぞ(*^^)

Nazca http://nazca.freeplanning.co.jp/top.html
で、9月30日に若松諸聖徒教会で行われるプライベートライブのチケットを今日、売っていたので、購入してしまったわけです( ̄∀ ̄*)
いやー楽しみだ!息子が当日おとなしくしててくれるかちょっと心配なわけですが・・・。

ちなみに私は「ヨイノミョウジョウ」という曲がスキです。ハイ。

で、バザーも15:00に無事終了。片づけやら会計報告、閉めの会などを経て、解散となったのは16:00過ぎでした。
さすがに立ちっぱなしで母もへとへと。
昼寝時間もハイテンションで切り抜けた息子は、帰ってすぐ、ご飯・風呂をすませて19:00には就寝となりました。
いつもこれくらいすんなり寝てくれるといいのですけど。。。
[PR]
by tarokaka | 2007-09-09 20:13 | 幼稚園の行事

夏祭り!

今日は幼稚園の夏祭りでした。
前期のしめくくり、夏休み前の幼稚園の恒例イベントです。

今日は朝からシトシトと生憎の雨。
どうしても、園庭で踊る息子の姿を見たかったので、十何年ぶり?にテルテル坊主を作ってみた母。
その甲斐あってか、夕方から見事に雨がやみました!(^-^)//""パチパチ

お手伝いのお父さんお母さんは16:00に園に集合。
フランクフルトやイカ焼きを焼いたり、焼きそばをつくったり、17:30の開始に向けてもくもくと準備をはじめました。
今回はたくさんのお父さんたちが参加してくださって、大活躍(*^^)
準備も滞りなく終わり、17:30に予定通りお祭り開始!
浴衣の着付けをしてくださるママさんがいらっしゃって、何人かのママさんは艶やかな浴衣姿。
やっぱり夏祭りといえば浴衣ですよねぇ。
子供たちも、じんべえや浴衣で園庭や園舎をところせましとかけまわっていました。
未就園児のおともだちや、卒園生のおにいちゃん、おねえちゃんたちもたくさん遊びにきてくれて、とてもにぎやかな雰囲気。

一昨年、はじめて夏祭りに参加した時はお客さんとして参加していたので、のんびりと
食事を買ったり、見物していたわけですが、・・・今年は保護者としての参加。
私の担当は飲み物の販売。
その間、息子は教会の方や、遊びに来てくれたじーちゃんばーちゃんと一緒にお食事タイム。

そして18:30くらいから、ダンスタイム!
盆踊りかな?と思いきや、聖愛幼稚園の場合はいろんなジャンルのダンスを楽しむことができました。
もちろん、大人も一緒にダンス♪
音楽にあわせて体を動かすのが好きな私も一緒になって歌って踊って、楽しい時間をすごすことができました。
2歳7ヶ月となる息子のダンスもなかなかイイ感じ!
ちゃんと踊れているかは別として(笑)、全身で楽しそうにはしゃぐ息子の姿を見ていると、自然と母のボルテージもあがっていきます(゜ー゜)

フィナーレは打ち上げ花火。
正直、あまり期待はしていなかったのですが、なかなかの迫力でした!
子供たちの歓声の中、息子の姿を探すと、先生にだっこされていました(^-^;
どうやら怖かったらしい・・・。
そのくせ、「今日は何がイチバン楽しかった?」と聞くと、「はなび!どっか~~ん!」と嬉しそうに話す息子・・・。
まぁ印象深かったことは確かなようです(^ー^)

今回、初めて園児の保護者として参加した夏祭り。
感想は一言。

た~の~し~かった~~!

なにより、楽しそうな息子の姿を見ているのが楽しかった(*^^*)
楽しそうな子供たちの姿、笑顔を見ていると、こちらも幸せな気持ちになるものですね。
今回は夫も途中から参加できたので、ビデオや写真もほどよく撮れて、よい思い出となりそうです(*^^*)
来年も楽しみだな~!
[PR]
by tarokaka | 2007-07-21 22:54 | 幼稚園の行事